人材育成

仕事

ユニチカでは人材を「人財」ととらえて、その育成に力を入れています。 ユニチカの人事制度では、社員がキャリア開発と能力向上を図り、モチベーションやマインドを高く持って、自らの成長を目指して取り組めるよう、様々な育成プログラムを展開しています。
また、それを体系的、継続的に推進していくことによって、組織としての成長を図り、企業競争力を高めていくことを目指しています。人材育成を構成する3つの要素、「配置・異動」「評価・処遇」「教育・研修」が上手く機能し、連携することが大切です。その3つの要素の中心には『仕事』があり、仕事が最大の育成の機会であると考えています。

配置・異動

永続的な組織運営に必要な人材を計画的に育成できるよう、それぞれのキャリアに応じて「人事ローテーション制度」を展開しています。社員一人ひとりのキャリア開発はもとより、組織間シナジーを生み出し、ビジネスチャンスや業績の向上に繋げられるよう運営しています。
年1回、「キャリアシート」において、自身のキャリアプランや配置希望を申告する機会があります。会社ニーズに加えて、本人の希望を踏まえ、 期待する役割と能力開発目標をできる限り明確にし、より効果的な運用が図れるよう取り組んでいます。

評価・処遇

  • 社員へ期待する役割をより明確にし、その役割に応えて成果に繋げることをより公正に評価できるよう、評価制度を運用しています。
  • 人事考課1年間のコンピテンシー(実践能力)の発揮や能力・役割の向上、業務遂行プロセスの状況を評価します。
  • 業績評価目標管理制度に基づき、年2回の業績評価を実施しています。
  • 評価結果は、上司との面談を通じて確実にフィードバックを行うことで、社員一人ひとりの今後の能力開発、育成に繋げています。

教育・研修

教育・研修体系

教育・研修体系
OJT
On the Job Trainingの略で、各職場での実務を通して、仕事に必要な知識や技術などを意図的・計画的・継続的に指導することによって育成し、能力開発を行うものです。
ユニチカでは、社員のキャリアパスを踏まえた「OJT」が人材育成の幹であると位置付け、若手社員のフォローアップと、指導者に対する教育・支援を行うことにより、効果的なOJTを実現しています。
OFF-JT

Off the Job Trainingの略で、新入社員研修、昇格者研修など、職場を離れて行う集合研修のことです。
階層別の教育機会を充実させ、特にマネジメント力の向上を図るプログラムをこれまで以上に取り入れています。
また、ユニチカグループのグローバル展開の推進に向けて、グローバルビジネスを行う能力を強化するためのプログラムを今後増やしていきます。

  • 階層別研修新入社員研修から各階層において実施
  • 選抜型研修業務に必要な専門知識・能力の向上を図るために実施
  • 機能別研修仕事を進めるために必要なビジネススキル(営業力向上、品質管理など)を、上司の指名又は自身の選択で習得することのできるプログラム
SD
Self Developmentの略で、自己啓発や自己学習の支援を指します。
ユニチカでは、資格取得支援や、通信教育の斡旋紹介、語学学習支援を行っています。
留学
将来の核となる先端技術習得のための技術系留学や、グローバル人材の育成のための海外トレーニー制度を整備しています。

入社3か年能力育成期間

新入社員がいち早くビジネスパーソンとして、ユニチカの戦力として活躍できるよう、入社後の3年間を「能力育成期間」として位置づけ、 積極的に「人財」育成を進めています。
OFF JTとして入社時に「新入社員研修」を、半年〜1年ごとに「フォロー(集合)研修」を実施し、また、自己学習として課題やレポートの実施も行います。OJTでは、仕事を通じてビジネススキルとマインドの修得を図り、実施状況の確認のため、半年ごとに面談を行っています。

新入社員研修

目的ー以下の3つを目的とし、入社式の終了後から、約1か月間の「新入社員研修」を実施します。
  • 基礎
    基礎

    社会人・企業人としての姿勢、マナーを徹底し、自覚と自律を高める。

  • コミュニケーション
    コミュニケーション

    ユニチカグループの中核社員としてのエンゲージメントを高める。

  • 責任感
    責任感

    今後のユニチカグループの発展を実現するために必要な基礎的能力及び、プロ意識の開発・向上を図る。

研修プログラム
  • ・ ビジネスマナー
  • ・ ユニチカグループの経営戦略・概況、諸制度の理解
  • ・ 工場・研究所見学
  • ・ ロジカル・コミュニケーション
  • ・ 企業シミュレーション研修
  • ・ TOEIC受験・英会話レッスン など

これらの研修は講義形式の座学だけではなく、グループワーク、ディスカッション、
プレゼンテーション、体験学習など、研修生自らが積極的に参加できるように構成しています。

2017年度 新入社員研修の感想
講義
  • 経営戦略では、利益を生み出すための考え方や分析方法、なぜを繰り返し真因を追究することの重要性を学んだ。作業の効率化やマンネリ化防止に活かしたいと思う。
  • ビジネスマナーでは、社会人としての基本的なことから、実践形式での電話対応やメモの取り方など、マナーとコツを学ぶことができた。
    マナーを守り、周りの方との関係を円滑にしていこうと思った。
  • 工場見学では、製造工程を実際に見学することで、高い品質を保つ高度な技術力を実感することができた。
ビジネスマインド
  • 社会人としての基礎だけでなく、様々な部署の方からお話いただいたことで、広い視野を持って仕事ができると感じた。
  • グループディスカッションの機会が多く、仲間と話し合って1つのことを進めていくことの難しさや面白さについて感じることができた。
  • いつでも初心を忘れず、なぜという視点を大切にして仕事に励んでいきたいと思う。
同期
  • 同期と接する中で、自分に足りない部分を見つめ直すことができ、自分を成長させていきたいという向上心を持つことができた。
  • 自分自身の個性・強みを出しやすい環境で、同期それぞれの個性を発揮しながら、ユニチカを盛り上げていきたい。
  • 一緒に学んだ同期に感謝して、また一回り成長して会いたいと思う。

入社3か年フォロー研修

専門基礎知識修得を兼ねたフォロー研修を半年〜1年ごとに行います。
【実施内容】

  • ・ 品質管理
  • ・ 特許
  • ・ 財務分析
  • ・ 法務
  • ・ グローバル講座
  • ・ プレゼンテーション
  • ・ TOEIC

フォロー研修では講義だけでなく、様々なテーマでディスカッションを行うこともあり、
社会人としてのビジネスマインドを醸成していきます。