Uイミド®

Uイミド® ワニス

Uイミド<small>®</small> ワニス

最高レベルの耐熱性と良好な加工性

Uイミド<small>®</small> ワニスイメージ

Uイミド ワニスはユニチカが開発したポリイミド前駆体(ポリアミック酸)溶液です。
Uイミド ワニスを基材に塗布、熱処理することによりイミド化反応が進み、ポリマー中最高レベルの耐熱性を有するポリイミド被膜となります。
優れた被膜特性(耐熱性、耐薬品性、電気特性、機械特性)と、良好な塗工成形性を活かして、さまざまな耐熱用途に展開しています。

特長

高機械特性

塗布後の熱処理によって、イミド化反応に加えて重合度がさらに上がることにより、機械特性に優れたポリイミド被膜を得ることができます。

標準品から特注品まで対応可能

標準品だけでなく、お客様のニーズに沿った被膜特性(強度、伸度、色調等)、ワニス特性(粘度、濃度、溶媒等)に対応する特注品も作製いたします。
アミド系溶媒(NMP、DMAc等)不使用のワニスやフィラー分散ワニスも作製可能です。

用途例

Uイミド<small>®</small> ワニスイメージ2

  高耐熱・高弾性率
高強度
高耐熱・
低弾性率
高伸度 試験方法
銘柄 AR AH BH C CR CH
ワニス特性 粘度 Pa·s 5 100 2 3 5 100 (30℃)
濃度 wt% 18 18 26 36 18 18
溶媒   NMP NMP DMAc DMAc NMP NMP
被膜特性
(参考値)
引張弾性率 GPa 9.5 9.5 2.8 3.7 3.8 3.8 ASTM D882
引張強度 MPa 375 410 135 175 195 205
引張伸度 % 25 30 70 80 90 95
ガラス転移温度 >400 >400 >400 285 285 285 DSC法