HOME > 製品・事業紹介 > ナイロン樹脂 > ナイロン6 > ユニチカナイロン6 > 一般物性 > 機械的性質

製品・事業紹介

  • ナイロン樹脂
  • ポリアリレート樹脂
  • ゼコット®
  • アローベース®
  • エリーテル
  • ユニレート®
  • テラマック®
  • ポリエステル
  • Uイミド®

ナイロン樹脂

ナイロン6

ユニチカナイロン6

一般特性

さまざまな特性を持っている、ユニチカナイロン6。
製品をつくるにあたり、まず基本的な特性を理解し、正しく活用することが大切です。
ここではユニチカナイロン6の機械的性質、熱的性質、電気的性質について、A1030JR(ハイサイクル)、A1030GFL(ガラス繊維30%)を中心に説明します。

機械的性質

材料の機械的性質は極めて重要です。ナイロンの性質は温度、水分率等によって影響をうけ、変化します。これらの要因で、樹脂がどのように変化するかを知っておくことが大切です。

【引張強さ】
引張強さの、水分率依存性及び温度依存性を図1、図2に示します。(試験法:ASTM)

【曲げ特性】
製品設計を行う場合曲げ特性も重要な特性となりますが、引張強さと同じように曲げ特性も温度、水分率により影響を受けます。図3、図4に水分率依存性、図5、図6に温度依存性を示します。(試験法:ASTM)

【衝撃強さ】
機械部品として、衝撃強さも極めて重要です。水分率、温度による影響は他の機械的特性より大きくなります。図7、図8に水分率、温度依存性を示します。(試験法:ASTM)

【クリープ特性】
定荷重下において、時間とともに歪みの増加する現象をクリープとよびます。長時間にわたって応力を受ける製品を設計する場合は、考慮すべき重要な性質です。図9、図10に引張クリープ曲線を示します。

ページの先頭へ