沿革

歴史が次の歴史を創っていきます。

ユニチカグループの歩みは、1889年「尼崎紡績」の創業に始まりました。それは日本の紡績史を開く歴史的な第一歩。1918年以降は三大紡績のひとつとうたわれた「大日本紡績」として日本の繊維産業を支え続け、1969年「日本レイヨン」との合併によって、ユニチカが誕生しました。現在のユニチカは繊維事業をはじめとする、グループ各社との連動によってダイナミックな活動を推進。歴史の蓄積をグループ全体の財産としていかしながら、未来へ向けて進化し続けています。

1889年~1950年代

  • 1889年「有限責任尼崎紡績会社」設立
  • 1894年中細綿糸「尼紡42番手撚糸」
  • 1918年(株)摂津紡績」と合併 「大日本紡績(株)」と改称
  • 1923年「日本絹毛紡績」と合併
  • 1926年「日本レイヨン(株)」設立
  • 1929年本店新社屋竣工
  • 1939年宇治工場内「中央研究所」
  • 1941年「岸和田紡績」と合併
  • 1951年ニチボービニロン商標第1号「ミューロン」
  • 1955年ナイロン商標第1号「グリロン」

1960年代

  • 1960年ナイロン・タイヤコード
  • 1964年「ニチボー(株)」と改称
  • 1966年「日本エステル(株)」設立
  • 1968年
    • ナイロン同時二軸延伸フィルム「エンブレム」
    • 京都工場内のナイロンフィルム工場竣工
  • 1969年「ニチボー(株)」「日本レイヨン(株)」が合併し、「ユニチカ(株)」と発足

1970年代

  • 1972年スパンボンド農業資材「ラブシート」
  • 1976年
    • 「ユニチカテキスタイル(株)」設立
    • 複重層糸「パルパー」「ユニチカ化成(株)」、「ユニチカレーヨン(株)」設立
    • シルキー素材「シルミー5」
  • 1979年中国内蒙古カシミヤプラント輸出契約締結

1980年代

  • 1981年低融点ポリエステル「メルティ」
  • 1982年「ユニチカテキスタイル(株)」合併
  • 1984年
    • 「ユニチカウール(株)」設立
    • 超透湿防水素材「ディンカム」
  • 1986年
    • 「(株)ユニチカリサーチラボ」、
      「ユニチカガーメンテック(株)」設立
    • 多重多型混成糸「ミキシィ」
    • 熱硬化性樹脂「ユニベックス」
    • 「ユニチカ情報システム(株)」
  • 1987年
    • 「ユニチカ設備技術(株)」設立
    • 太・細番手高級綿素材「ハミコット」
  • 1988年
    • 蓄熱保温素材「ソーラーα」
    • 創傷被覆保護材「ベスキチンW」
    • 「(株)アドール」設立
  • 1989年
    • 創業100年
    • 「ユニチカ化成(株)」、「ユニチカレーヨン(株)」、
      「ユニチカウール(株)」合併

1990年代

  • 1991年
    • セーム調織編物「ミューフェス」
    • 超高耐水圧・高透湿素材「プルーフエース」
    • コットンスパンレース不織布「コットエース」
  • 1994年「東昊カシミア製品有限公司」設立
  • 1995年
    • 「エンブレム・アジア」設立
    • 二成分系多機能素材「Z-10」
  • 1997年
    • 「タスコ」設立
    • 溶剤紡糸セルロース繊維「リヨセル」
  • 1998年生分解性素材「テラマック」
  • 1999年
    • 「ユニチカテキスタイル(株)」設立
    • 「ユニチカファイバー(株)」設立

2000年代

  • 2000年飼料用原料「コッコエース」
  • 2002年「ユニチカ上海事務所」開設
  • 2003年
    • ハナビラタケ健康補助食品「白幻鳳凰」
    • ガスコージェネ設備、ユニチカ宇治事業所に導入
  • 2004年
    • 「エンブレム・チャイナ」設立
    • 「ユニチカ上海貿易有限公司」設立
    • ユニチカ宇治事業所内「ガスコージェネ設備」導入
  • 2005年美容・目的別健康補助食品「サプリードシリーズ」
  • 2006年ユニチカ岡崎事業所内「ガスコージェネ設備」導入
  • 2008年ユニチカスパークライト(株)、日吉工場内に新工場竣工
    坂越事業所にFRCビニロン製造設備を増設
    スクリーン印刷可能な熱伝導性塗料を開発
  • 2009年新規離型フィルムを開発
    最高レベルの高熱伝導性ナイロン樹脂を開発
    「樹脂テクニカルセンター」開設

時代の刻印(ユニチカの軌跡)