株券の電子化について

株式の管理や取引の円滑化、安全性の向上を目的として、2009年1月に株券の電子化が実施されました。株券が電子化されると上場会社の「紙の株券」はすべて無効となり、株主としての権利は金融機関の口座を通じて電子的に管理されます。株券をご自宅や貸金庫等に保管されている方はご確認いただき、必要なお手続きを行ってください。

ご確認

株券がございますか?

現在、「紙の株券」をお持ちでしょうか。ご自身で買付されていない場合でも、相続・贈与等でお持ちの場合がございますので、お確かめください。

株券はご本人名義ですか?

株券はご本人名義かお確かめください(株券の裏側の株主名)。他人名義の場合、株券電子化以後は株主としての権利を失う可能性がありますので、名義書換の手続きが必要となります。

ほふり信託をされていますか?

証券保管振替機構(ほふり)に株券をお預けの場合は、株券電子化にあたり何もお手続きする必要はありません。ほふり預託されていない場合は、特別口座での管理となります。

※単元未満株式(1,000株に満たない株式)は、ほふりに預けることができません。特別口座での管理となります。

手続きについて

他人名義の場合

他人名義の場合他人名義の場合

ご本人名義の場合

ご本人名義の場合ご本人名義の場合

株主名簿管理人三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部

0120-094-7770120-094-777(通話料無料)

証券保管振替機構(ほふり)につきましては、各証券会社にお問合せください。

単元未満株式(1,000株に満たない株式)をご所有の株主の皆様へ

当社の1単元の株式数は1,000株となっていますので、単元未満株式は市場で売買することはできません。また、単元未満株式は証券保管振替機構(ほふり)に預けることはできません。しかし、そのような株主の皆様は、当社に対して下記のいずれかの方法をご利用いただけます。

買取請求(売却)

ご所有の単元未満株式を当社に買い取るように請求することができます。

買取請求のお手続についてはこちら

買増請求

1単元の株式数(1,000株)になるように、当社の株式を買い増しすることができます。

買増請求についてはこちら

平成21年1月5日施行の株券電子化実施に伴うお知らせ

株券電子化前後における単元未満株式買取・買増のご請求について

株券電子化の前後においては、単元未満株式買取請求および買増請求につきまして、以下のとおりとなりますので、ご留意ください。

  1. (1) 証券保管振替制度をご利用でない単元未満株式に関するご請求

    単元未満株式買取請求

    平成21年1月5日(月)から平成21年1月25日(日)までは、受付をいたしません。

    また、平成20年12月25日(木)から12月30日(火)までのご請求受付分につきましては、買取価格はご請求受付日の終値を適用いたしますが、買取代金のお支払いを平成21年1月30日(金)とさせていただきます。

    平成20年12月12日(金)から平成21年1月25日(日)までは、受付をいたしません。

  2. (2) 証券保管振替制度をご利用の単元未満株式に関するご請求

    単元未満株式買増請求

    株券電子化実施の前後において、一定期間お取引の証券会社で取次ぎを行わないと承っております。具体的な日程につきましては、証券会社により異なることが考えられますので、お取引の証券会社にお問合せください。

▼ 詳しくは下記のホームページをご覧ください。

<株式に関する諸手続き>

株式に関する諸手続きは、当社の株主名簿管理人である三菱UFJ信託銀行株式会社のホームページ「株式に関するお手続き」をご参照ください。

株式に関するお手続き

三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部

0120-094-7770120-094-777(通話料無料)