高分子事業

高分子事業
Polymers
基幹事業として独自性の高い高付加価値製品を拡充。
先駆性と実績でグローバルマーケットに展開しています。

高分子事業では、フィルム、樹脂と大きく2つの製品分野を扱っています。数々の“世界初”を実現し、素材の可能性を広げてきた結果、現在のユニチカの基幹事業に成長しました。環境配慮型素材の開発を優先課題とし、同時にユニチカ独自の機能とクオリティを追求することで、グローバル市場に向けた高付加価値製品の拡充を推進しています。

フィルム

世界トップレベルを誇る食品包装用ナイロンフィルム。
世界初となった同時2軸延伸フィルム技術をベースに、世界トップシェアのナイロンフィルムとニッチ技術で特化した用途展開を図るポリエステルフィルム。
ナイロンフィルムではマーケティングチーム、研究グループとの連携を強め、ガスバリア包装材や電子材料向けの耐熱フィルムなど、従来にない特性をもった製品を開発生産。トップシェアに甘んじることなく、高付加価値フィルムの開発生産に注力し、国内、インドネシアの生産拠点を軸として、アジア圏はもとより、欧米市場への拡大を目指しています。

関連サイト
フィルム事業部

樹脂

樹脂分野ではグローバルニッチ戦略を推進。現在、エンジニアリングプラスチックでは全世界を視野に、また液状の非成型材料は主にASEAN諸国のマーケットで展開しています。独自性の高い「Uポリマー」を主軸に、関連会社との連携も深め、開発・生産・販売を強化しているエンジニアリングプラスチックは、劇的に進化していく自動車用途をメインにしながら、エネルギー関連や航空宇宙分野へのさらなる拡大も目指しています。常にマーケットとアクセスし、世の中に必要とされるスタンダードを送り出すことが大きなテーマです。

関連サイト
樹脂事業部 テラボウ(株) (株)コソフ

バイオマスプラスチック(テラマック)

植物由来のポリ乳酸をベースにしたバイオマスプラスチック「テラマック」。樹脂事業では、耐久性、難燃性の改良などにより改質樹脂の拡販を図り、不織布事業では土木・衛材用途向けの展開を強化しています。(とうもろこしなど植物由来原料から採取した糖を発酵することで出来る乳酸を高分子化したプラスチックです)

関連サイト
テラマック®