ニュースリリース 繊維事業

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

繊維事業

2007/10/12

08-09年秋冬 衣料素材の販売について

PDFを見る

 ユニチカサカイ株式会社は、ファッション衣料用素材を中心とした『08−09年秋冬ユニチカサカイ素材商談会/e・soz@i展』を開催し、来秋冬シーズンへ向けた本格的な販売展開をスタートします。
 今年、ユニチカエステルのシルキー素材を代表する「シルミー5」が30周年を迎え、ユニチカサカイでは、前春夏シーズンより繊細な「ソフィアン」とマイクロファイバータイプの「セジュール」の二つの新素材を開発し提案いたしました。さらに今秋冬シーズンは、ナチュラルで豊かな視覚効果を狙ったシルキー素材「ラインスターE」を開発し新素材として提案します。「シルミー5」は、従来の薄地を中心とした繊細なタイプに加えてキルティングタイプの中肉から厚地のアウター素材を提案します。
織物中心に好評を得ている「マイクローズ」は秋冬シーズン用として、糸に特殊加工を施すことでコンパクトだけでなく膨らみや表面効果をもった「マイクローズ・ネオ」を開発しました。ユニチカサカイでは、これらの素材をメインにして今秋冬シーズンに求められる光沢感、凹凸感などによる表面変化のある素材や、繊細で上質なタッチの素材を提案します。
 今回の展示会テーマは"INIMITABLE/揺るぎない"。ユニチカ独自の紡糸〜加工技術から生まれたポリエステル素材とナイロン素材を使用し、来秋冬シーズンに向けて独自性のある質感・タッチとベストな表情を持った素材を提案します。

『08−09年秋冬 ユニチカサカイ素材商談会/e・soz@i展』
〈展示会テーマ〉"INIMITABLE/揺るぎない"

東京 10月17日(水)〜19日(金)
午前11時00分〜午後6時00分(最終日は午後5時迄)
港区南青山5−4−41 グッラセリア青山 2F ふくい南青山291

大阪 10月23日(火)〜24日(水)
午前10時00分〜午後5時00分
大阪市中央区瓦町2−4−7 新瓦町ビル4F
ユニチカサカイ 大阪本社
※大阪展は商談中心になります。

〔新素材〕
「ラインスター?E/LINESTAR?−E」(ポリエステル)
デリケートな光沢とナチュラルなスラブ糸調の表情を持った、細繊度ポリエステル加工糸を使ったナイロンのようなぬめり感のあるシルキー素材。細繊度でありながら一本の糸に濃染部と淡染部を発生させた、いわゆるシック&シンにより生まれる、デリケートで杢調の豊かな表情とぬめり感、しっとりとしたタッチが特長のナチュラルシルキー素材です。

〔プロモート素材〕
1)マイクローズ・シリーズ(ポリエステル)
マルチプルコンパクト素材「マイクローズ」に新たに「マイクローズ?−NEO」が加わり、秋冬シーズン向けに充実した商品を提案します。
・「マイクローズ?/MICROSE?」
今シーズンはコットンなどとの複合や後加工のバリエーションを強化。アウター用の中肉コンパクト素材を提案します。
・「マイクローズ?FN/MICROSE?−FN」
軽量コンパクトアウター素材。今シーズンは分割特殊断面極細糸との交織による起毛感のある素材を提案します。
・「マイクローズ?NEO/MICROSE?−NEO」新タイプ
特殊糸加工によりマイクローズの特長プラス、ふくらみや発色性を高めた素材。織組織による豊かな表情や起毛加工によるウォーム感や優しいタッチのコンパクト素材を提案します。
2)シルミー?5ファミリー「シルミー?5」「セジュール?」(ポリエステル)
「シルミー?5」は今まで薄手を中心としたファブリケーションを展開していましたが、今シーズンは、秋冬らしいボリューム感と豊かな表面効果のキルティングタイプのニット素材を提案します。(添付写真のワンピース)織物では張りとソフト感を追求したマイクロファイバータイプの「セジュール?」のアウター素材を提案します。
3)「ユニチカナイロン/UNITIKA NYLON」(ナイロン)
今シーズンは、ユニチカ独自のマイクロタイプのナイロンを使用した、優しさとカジュアルな感覚を持ったニット素材を提案します。ナイロン特有の柔らかさとマイクロファイバーのソフトで繊細なタッチが特長。

一覧に戻る