ニュースリリース その他

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

その他

2011/9/ 8

ユニチカ情報システム、ナレッジ共有&情報推薦機能を搭載したBIツールの新製品『DataKnowledge』の販売を開始 ~パワーユーザーだけでなく、誰もが使えるBIツールを実現~

PDFを見る

 ユニチカ情報システム株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:平本潤、以下U.I.S.)は、BIツール(※)の新製品『ナレッジ共有型次世代BIツールDataKnowledge(データナレッジ)』の販売を9月7日(水)より開始いたしましたのでお知らせいたします。

製品URL:http://www.unitika-is.co.jp/solution/products/DK/DK.html

企業におけるデータ活用は、戦略立案や企業データの分析を行う専門家だけではなく、一般のビジネスパーソンにとっても大変重要なテーマです。
しかしながら、コンピュータに蓄積されたデータの活用にはある程度のスキルが必要であり、データ活用の現場では、「思うようにデータ活用ができない」と利用者の不満を耳にすることも少なくありません。

DataKnowledgeは、1987年にデータ抽出・加工ツール[OSS/NOA]をリリース以降、24年間にわたるビジネス現場でのBI推進の経験を基にU.I.S.が開発した独自のナレッジDBを搭載し、専門家やパワーユーザーのデータ活用ノウハウを全社のナレッジとして活用できるようにすることで、これらの問題を解決した「誰もが使えるBIツール」です。

(※)"BIツール"とは
企業内の情報システムに蓄積されたデータをビジネス上の意思決定に役立てることを目的として、データの蓄積・分類・検索・分析・加工等を行うことができるソフトウェアのこと。

◆DataKnowledgeの概要
DataKnowledgeは、簡単な操作でデータベースからデータを抽出し、集計・加工・出力処理ができる「全社員の情報活用を実現するため」のBIツールです。
データ活用情報を共有・活用・評価することで、情報活用ナレッジデータベースが構築されます。これにより、利用者は簡単な検索を行うだけでDataKnowledgeが推薦する最適なデータ活用事例を入手でき、自分の知識を超える高度なデータ活用処理も最短時間で行なうことができます。

<主要な機能>
1.ナレッジ共有&情報推薦機能
2.安易な操作で実現する、高度なデータ抽出・加工・出力機能
3.利用部門で運用が可能な定型実行共有機能・出力結果配信機能

◆DataKnowledgeの特徴
1.パワーユーザーのノウハウ活用で全社員の情報活用レベルをUP!!

(右画面)ポータル画面でキーワード検索すると、様々なデータ活用事例が表示されます。

2.高度な処理を誰でも簡単に!

(左図)パワーユーザーのナレッジを一般ユーザーが活用する場合、複雑なデータ処理部分を見ることなく、高度なナレッジを容易に活用できます。
(右画面)結合論理を自動生成!複数ファイルを選択すると、一番評価の高い結合方法が自動設定されます。

◆価格
最小構成50万円(税抜)から

◆動作環境

◆ユニチカ情報システムについて
1987年1月設立。システムインテグレータとして、商品・サービス・サポートを統合し、お客様に最適なソリューションの提供を行っています。自社開発による商品ソリューションは、ユニチカグループ3,000名が利用する承認ワークフロー「WebNESTEE」をはじめとして、統合型データ抽出・加工・出力・共有ツール「OSS/NOA-V3」、企業のIT基盤を指揮管理(DIRECT)することをコンセプトに容易に高度なアプリケーションの構築を実現するソフトウェア「DIRECT-EAシリーズ」など、多彩なラインナップで皆様のニーズにお応えいたします。

代表取締役社長:平本潤
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3(〒541-8566)
http://www.unitika-is.co.jp/

◆ニュースリリースに関するお問い合わせ先
ユニチカ情報システム株式会社 システムプロダクト部
TEL:06-6281-5795 FAX:06-6281-5563


<< 前のページへ戻る

一覧に戻る