ニュースリリース その他

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

その他

2017/2/ 8

働く人のために開発された高機能インソール「air・net(エアーネット)」の販売について

PDFを見る

 株式会社ユニチカテクノス(本社:京都府宇治市、社長:山田純一)は、働く人のために開発された高機能インソール「air・net(エアーネット)」を開発し、企業など法人向けに販売を開始しました。
 世の中にはスポーツ用途を中心に高機能インソールは各種ありますが、「air・net(エアーネット)」はクッション性、通気性に優れ、さらに程よく足裏を刺激するなど、働く人の足への負担を少しでも減らすことを目的として開発した商品です。
 「air・net」は、各企業が労働環境の改善に取り組む中、もう一歩踏み込んで個人の健康をサポートする高機能インソールです。


Ⅰ.開発の背景について

 安全靴着用が義務つけられているガソリンスタンドや建設現場、倉庫内作業、また長靴の着用が必要な食品工場や生鮮食品売り場のバックヤードなど、一日中の立ち仕事は足への負担も大きく、その対策が求められています。靴自体の性能も日々向上していますが、要求される性能と耐久性の両立などさまざまな課題があり、すべての労働環境においてオールマイティーに満足のいく靴を提供することは難しく、現場からの要望に応えながらの改良が続けられています。
 このような状況から、「air・net」は働く人の足への負担を少しでも減らすことを目的として開発を行いました。主に安全靴や長靴での作業時を想定していますが、特殊な環境下だけでなく、いつも履いる靴でも使用可能な商品となっています。
 高機能インソール「air・net」は、まるで"芝生の上を歩いているような感覚"を体感していただける商品です。
 なお、本商品は東日本大震災被災児支援プロジェクト「Support Our Kids 」に賛同して、売り上げの一部をプロジェクト運営団体に寄付いたします。

Ⅱ.「air・net」の概要について


1.商品名

「air・net」(エアーネット)

■ロゴ

■キャッチコピー

「働く人のために開発された高機能インソール」


2.商品の特長

(1)ズレ防止
 強力糸を使用したダブルラッシェル立体編地をベースに、片面滑り止め加工を施した構造で構成されておりズレを防止します。(特許:第4919855号)

(2)高い通気性
 素材の90%以上が空気層であり、夏場の靴内湿度が「air・net」未使用時に比べ約30%ダウン。

(3)保温性
 同空気層による断熱効果で、冬場の靴底温度0℃の場合、「air・net」未使用時に比べ、足裏表面温度は約+1℃。特に冷え性の方の足裏表面温度は30℃程度まで下がることから、長時間作業時では、1℃の差は大きいといえます。

(4)衝撃吸収性
 ダブルラッシェルの構造からクッション性に優れ、運動時の衝撃吸収性は、「air・net」未使用時に比べ約47%衝撃を吸収。

(5)刺激性
 ダブルラッシェルの表面はハニカム構造となっており、トレッドミル5分間運動前後で比較すると、足裏刺激によるマッサージ効果で、足裏と脹脛(ふくらはぎ)表面温度が、「air・net」未使用時に比べ0.3℃アップ。


3.商品仕様

<構造>
ダブルラッシェル立体編地
<素材>
ポリエステル66%、ナイロン34%、裏面滑止め部分 アクリル
<サイズ>
Mサイズ(切らずに使用できる範囲25.0~27.5cm)
Sサイズ(切らずに使用できる範囲22.5~24.5cm)
<生産国>
日本

静電気帯電防止タイプ:
 静電気帯電防止靴用インソールとして、JIST8103-2010の性能を阻害しないタイプもあります。本製品単独では静電気帯電防止機能は発揮されません。必ずJIST8103-2010に規定される静電気帯電防止靴と併用して下さい。


4.販売について

・現状は企業など法人向けのみの販売です。
・個人向けにつきましては、販売代理店制を検討中です。


<「air・net」に関するお客様のお問い合わせ先>
株式会社ユニチカテクノス 営業第一部
TEL:06-6360-7781
・お問合せフォームはこちら
株式会社ユニチカテクノス

<「air・net」に関する報道関係からのお問い合わせ先>
ユニチカ株式会社 IR広報グループ
TEL:06-6281-5695


<< 前のページへ戻る

一覧に戻る