ニュースリリース 高分子事業

高分子事業

2020/2/28

未来の生活で有用な材料を開発!-高度先進医療やソフトロボットに応用可能-

名古屋大学 理化学研究所 ユニチカ
未来の生活で有用な材料を開発!-高度先進医療やソフトロボットに応用可能-


 名古屋大学大学院工学研究科の竹岡敬和准教授らの研究グループは、理化学研究所放射光科学研究センターの星野大樹研究員やユニチカ(株)などと共同で、透明な生体組織を参考に、橋架けを施した高分子中に粒径の揃った直径約100nmのシリカ微粒子を高濃度で分散させると、光学的には無色透明になり、力学的には高靱性化することを発見しました。

 生体には、硬い材料と柔らかな材料が複合化することで、光学的透明性と力学的高靱性を兼ね備えた組織があります。その一例が、眼球を構成する角膜です。本研究では、角膜に倣い、柔らかな架橋高分子中に粒径の揃った硬いシリカ微粒子が秩序を有する状態で分散した複合エラストマーを作ったところ、無色透明になり、その破壊靱性が大幅に向上することを見出しました。

 本研究で得られた複合エラストマーは、高度先進医療、ウエアラブルディスプレイ、ソフトロボットなど、未来の生活において重要な技術を実現する上で有用な材料になることが期待されます。


詳細は、名古屋大学報道発表資料(外部サイト)をご覧ください。

一覧に戻る