温暖化防止

温暖化防止

基本的な考え方

ユニチカは他社に先駆けて事業所内にコジェネレーターを導入するなど、CO2排出量の削減に力を入れています。2021年4月に日本政府が国内の温室効果ガス排出量の削減目標を2013年度比26%削減から46%削減に引き上げたことを受け、ユニチカも2030年度の国内エネルギー起源CO2排出量の削減目標を2013年度比46%削減に設定しました。2050年カーボンゼロを目指しています。

エネルギー起源CO2排出量の削減

ユニチカは環境中期計画に基づき、長い年月をかけてCO2排出量を段階的に削減してきました。その結果、エネルギー起源CO2排出量を大幅に削減することができました。2005年度比でCO2排出量を50%削減するという環境中期計画の目標の達成度は91%です。現在の政府目標の2013年度を基準年とした場合の削減率は約23%です。

エネルギー起源CO2排出量 エネルギー起源CO2排出量

物流に関わるCO2排出量の削減

物流においては、モーダルシフト、輸送効率化などを進め、原材料、製品、廃棄物などの搬入出と排出に伴う環境負荷の低減に取り組んでいます。ユニチカが特定荷主として行政へ届け出た2020年度の輸送量は61千トン、CO2排出量は19.5千トンとなりました。今後も鉄道利用の拡大、アイドリングス トップやエコタイヤの推進、車両の大型化による輸送回数の削減などにより、グループ全体でクリーン物流に取り組んでいきます。

物流に関わるCO2排出量 物流に関わるCO2排出量

サステナビリティに関する
お問合せはこちら